So-net無料ブログ作成
検索選択

山から木が下りてきました。 [山の話]

伐採された木が、山から下りてきました。
宮ガ谷1.jpg
4㌧トラックに5杯分あります。
今日のところは3杯下りてきました。
樹齢50年くらい。
ちょうど柱によい太さです。
宮ガ谷2.jpg
50年前の伊勢湾台風で、八百津の山もたくさん木が倒れてしまいました。
今日下りてきたのは、台風の後に植えなおした桧と杉です。
山の中の林道を整備するに伴って、道の幅分がごっそり伐採されました。
今までは、車が簡単に入れず、作業がままならなかった山です。
木は植えっぱなし、林業は衰退・・・そこへ一本の道が!!
山に明るい光が差し込みます。

柱を一本とるのに50年、大黒柱はもっと・・・100年かかります。
気の長い話です。
めまぐるしく変わる社会情勢に寄り添うのは大変なんです。
戦後大量に植えられた杉は、やっと柱になる頃になって、花粉症をもたらし嫌われ者に。
採算がとれないと放置された山は、大雨のたびに崩れ、災害のもとに。
目先の情勢にとらわれると、よい結果にはなりません。
林業経営には、じっくり腰をすえて長い目で見ることが必要です。
社会の対極にあるのかもしれませんね。。。

でも、何にも代えがたい物が得られますよ。
100年かかって育った柱が家の中にあると、それだけで生活感がかわります。
本物が持つ力はすごいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0