So-net無料ブログ作成

大黒柱の伐採 [木の話]

久しぶりのブログ更新です。

昨日、弊社の天然桧林で、お客様とご一緒に大黒柱を選び、伐採しました。
IMG_5969(圧縮).jpg

選ばれたのはこの桧でした。
真っ直ぐに伸び、立派な立木です。
胸高直径が尺五寸(約45cm)でしたので、八寸(約24cm)程度の大黒柱が取れそうです。
IMG_3904(圧縮).jpg

今回は伐採の手順を簡単に紹介します。
最初に伐採する木の前に榊を祭り、お神酒で清めた後、倒す方向にある小木や堅木を数本伐りました。
杉に比べて桧は枝が粘く、特に天然林木は植林木より枝が太いため、倒木の際に枝が引っかかってしまったら、二進も三進もいきません。
1本伐りの場合は、周囲にたくさんの木があるため倒す方向がピンポイントになり、さらに今回の場合は尾根に近く、テンピンをくらうことが予想されたため、ワイヤーで引っ張りました。
IMG_3909(圧縮).jpg

そして、いよいよ伐採です。
まず受け口(倒す向きに切欠く)を作ります。
IMG_3916(圧縮).jpg

その後、つる(最後に切れる部分)を意識しながら、追い口(倒す反対側)を入れ、場合によっては楔を打ちます。
正確な手順を踏み、狙った方向に倒すことができました。
IMG_3919(圧縮).jpg
IMG_3921(圧縮).jpg

年輪を数えると、樹齢はおよそ110年。
明治時代の日露戦争の頃に生えた木でした。
IMG_3927(圧縮).jpg

お客様も大変感動され、喜ばれている様子でした。
IMG_3931(圧縮).jpg

この木は、吹き抜けが大きな家の大黒柱になる予定。
今から竣工が楽しみです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0