So-net無料ブログ作成
検索選択

在来住宅のリフォーム [家の話]

こちらは築35年ほどの在来住宅で、この度ご縁があり、耐震補強、内装の一部と水まわりのリフォームを行いました。

リビングは、床・壁・天井をはり替え、一部に観葉植物用の土間を設け、玄関に通じるようにしました。
壁面にはテレビボードも造り付けました。
DSC03811(トリ圧).JPG
DSC03821(トリ明圧).JPG

お施主様は表面温度計を携帯し、家の中様々な場所で温度を計測され、昨冬より3℃暖かくなったと仰っていました。特に、以前はストーブを焚いても床は冷たくどうしようもなかったそうですが、今年は素足で気持ちよく歩けるとのこと。
従来は厚さ15mmの床板のみでしたが、今回は弊社オリジナルの45mm厚みの杉板を使いました。
杉材は比重が小さく、空気を多く含んでいるため熱伝導率が低く、暖かく感じます。
その上、厚みを3倍にしましたので、冬のひんやり感は大きく和らぎます。

出入の開口部には、恒例の弊社お手製ステンドグラスを建具に組み込みました。
DSC03801(トリ明圧).JPG
DSC03798(トリ明圧).JPG

吹き抜けは、お施主様のご要望で、従来の半分の大きさに。
そして、暗かったキッチンの上部には2階窓からの明かり取りを設けました。
IMG_2123(トリ明圧).jpg
IMG_2127(トリ明圧).jpg


玄関ホールも床板を張り替え、明るい感じに。これも45mm厚の杉板です。
DSC03805(トリ明圧).JPG


こちらは2階のご主人様の趣味室。
以前は荷物が置かれ、物入状態になっていたのですが、壁と天井を張り替え、落ち着ける空間に。
DSC03835(トリ圧).JPG


寝室の建具は、無垢の杉板で作ったフラッシュ戸。
DSC03807(トリ圧).JPG

トイレや浴室の器具も入れ替え、外には簡単なテラスを造りました。
DSC03839(トリ明圧).JPG
DSC03840(トリ圧).JPG


お施主様の素敵な笑顔が何よりでした。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅