So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ただいま普請中 ブログトップ
前の10件 | -

土壁(荒壁)塗ってます [ただいま普請中]

先日建て方を行った石場建ての家、今は土壁を施工しています。

こちらは土壁の芯になる竹小舞。
この地方の職人は、左官屋さんが割竹を一本ずつ麻縄でしばり、格子に編みます。
DSC04651tla.jpg
手間のかかる仕事で、様々な流儀があります。
地域によって、職人によって、使う材料も編み方も千差万別で、
それぞれに理由があって、ウンチクを聞くと面白いです。
左官屋さんの経験と知恵が結集されています。

この竹小舞はとても綺麗ですが、すぐに土壁(荒壁)が塗られてしまうので、壁の中に隠れてしまいます。一瞬の美です。

こちらは荒壁の施工。
まずは土を搬入し、舟へポンプアップ。
IMG_9487ta.jpg
IMG_9517ta.jpg

きれいに編んだ竹小舞に、藁スサ(細かく刻んだ藁)を混ぜた土を塗ります。
土は阿吽の呼吸で鏝板に刺されます。
IMG_9497ta.jpg
IMG_9543ta.jpg

最初は屋外側から屋内側へ、土が「にゅるっ」とはみ出すように・・・。
屋内側から見るとこんな感じ。
IMG_9504ta.jpg
IMG_9506ta.jpg

外側や間仕切りの片面が終わったら、裏返し塗り。
IMG_9533ta.jpg

「にゅるっ」とはみ出すことで両側の土が一体となり、竹小舞を芯にした荒壁ができます。
IMG_9511ta.jpg
IMG_9521rta.jpg
IMG_9545rtla.jpg

この塗り方も、職人によって様々です。
最初に屋外側を塗る人、そうではなく屋内側を塗る人、
両側を続けて塗る人、片側だけ塗って乾かしてからもう一方を塗る人、
それぞれに、もっともな理由があります。

使う土もいろいろ。
藁スサを混ぜた荒壁の土を、「泥コン」と呼びます。
岐阜県は良質な土の産地で、いい「泥コン屋」さんがあります。
この土は、「泥コン屋」さんの調合済みのものです。
土の質によって、藁スサの大きさ、量、混ぜるタイミング、様々あるようです。
今回の土は、黄土色っぽくてヨーグルトのような匂いがします。
原料土や、藁スサの発酵の具合で、色も匂いも変わります。
季節によって、現場によって、いろんな土を見ることができます。

土壁で囲まれた空間は、とても心地よいものです。
温度なのか、湿度なのか、音響なのか、なかなか数値では表せないのですが、
断熱材やコンクリートなど、工業製品ではつくれない心地よさです。
IMG_9500rta.jpg
IMG_9551tla.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

石場建ての建方 [ただいま普請中]

先週、石場建ての建方を行いました。

現在の一般的な工法は、基礎の立ち上がりに土台を敷き、その土台から柱を建てます。
石場建ては、礎石の上から直接柱が建ちます。

建方のお手伝いの皆さんも、石場建てはほとんど経験がなく、最初は四苦八苦しました。
しかし、時間が進むにつれ、いつも通りの建方のペースになり、調子が出てきました。
IMG_9399ta.jpg

IMG_9403ta.jpg

IMG_9402ta.jpg

DSC04565ta.jpg

DSC04605ta.jpg

木をふんだんに使っています。
桧、杉、そして松。
ほとんどが近隣の山の木です。
お施主様が山で選んだ桧の大黒柱、圧巻です。
DSC04618ta.jpg

DSC04617ta.jpg

DSC04594ta.jpg

IMG_9417ta.jpg

今週末の6月16日(土)、17日(日)に構造見学会を行います。
場所は愛知県一宮市。
お時間ございましたら、どうぞお越しください。

申し込みはこちらのフォームより。
両日ともに
09:00~12:00[個別見学 6組まで]
13:00~14:00[建物説明 20名まで]
14:00~17:00[自由見学&ミニくむんだー(雨天中止)]


nice!(1)  コメント(0) 

2つの基礎 [ただいま普請中]

今日は雨。少し時間ができました。

さてさて、新築進行中の2つの基礎のご紹介。

こちらは石場建ての基礎です。
礎石の上にフリーな状態で柱が建ちます。
 設計:水野設計室(https://mizunosekkei.jp/)
 施工:弊社
気候風土適応住宅(サスティナブル建築物採択物件)です。

写真は礎石の位置固定の仕上げ打ちと玄関・ポーチ付近の延べ石と豆砂利洗い出し。
IMG_9144ta.jpg
IMG_9316ta.jpg
いよいよ来週、建方。
6月16日(土)、17日(日)には構造見学会を行います。
構造見学会案内.jpg

両日ともに
09:00~12:00[個別見学 6組まで]
13:00~14:00[建物説明 20名まで]
14:00~17:00[自由見学&ミニくむんだー(雨天中止)]
場所は愛知県一宮市。
弊社へのお問い合わせはこちらのフォームより。


こちらはベタ基礎。
立上り基礎に土台を緊結し、柱を建てます。
弊社の設計・施工。

写真はベースコンクリート打設の様子。
IMG_9359ta.jpg
こちらは大工が手刻みを始めたばかり。
夏の真っ盛りに建方です。


どちらも手刻みの木造軸組工法で、土壁(竹小舞の泥壁)がすまいを取り囲みます。
きっと、気持ちのよい素敵な空間になることでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

地鎮祭 [ただいま普請中]

昨日はお日柄もよく、初夏の日差しの中、地鎮祭を執り行いました。
地の神を鎮め、これからの工事の安全を祈願しました。
恒例の「えい(栄)!えい(栄)!えい(栄)!」の掛け声で、刈初、穿初の儀を行いました。
住まわれるご家族が健康で、快適で、幸せに暮らすことができる空間を築くお手伝いが始まりました。
IMG_1206t.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

刻みとリフォーム造作 [ただいま普請中]

過ごしやすい季節になりました。

こんな季節になりますと、仕事が捗ります。

こちらは新築の刻み。
おが粉を浴びながら、黙々と刻んでます。
IMG_9093a.jpg
IMG_9092a.jpg


こちらはリフォームの内部造作。
年代物の小屋組に悩まさせられながら、杉の天井材を張ってます。
IMG_9083a.jpg
お客様と和気あいあい、和みながら進めています。
nice!(0)  コメント(0) 

神社拝殿の漆喰壁塗り替え [ただいま普請中]

近所の神社拝殿の漆喰壁を塗り替えました。
400年以上前の壁なので、壁が膨らみ、小舞竹が抜けている部分もあります。

今回は樫の木で壁の振れ止め補強を行い、梯子の掛かる部分は桧の板で補強しました。
綺麗な姿で4月のお祭りを迎えることができます。
IMG_0011a.jpg
IMG_0013a.jpg
IMG_0019a.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

せっ器質タイル [ただいま普請中]

今年最後の仕事。

こちらはとある大正時代のお屋敷です。
昭和40年代に増築したトイレの屋根と外壁が傷んでしまったため、改修を行いました(写真中央部)。

主屋の漆喰壁を復元するのではなく、隣接する赤いタイル張りの土蔵(写真左側)に合わせた外壁のデザインにしました。

昔ながらのせっ器質タイルも手に入り、お屋敷と土蔵とが調和のとれた外装になりました。
DSC_8851ta.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

地盤調査 [ただいま普請中]

本日は地盤調査。

この日はいつも、新しいすまいづくりが始まるワクワク感と、どんな調査結果が出てくるのかというドキドキ感が入り混じった気持ちになりますね。
秋晴れのいい一日でした。
IMG_9465a.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

特殊な地盤改良 [ただいま普請中]

名古屋市の現場が始まりました。
こちらは大きな重機を持ち込むことができないので、一般的な地盤改良ができません。
そのため、地盤面に高張力クロスを敷設する特殊な方式を採用しました。
実績もあり、地盤保障も付けられるのですが、弊社では初めての試みです。

最初に、転圧した地盤面に砕石を指定厚敷き、ローラー転圧を指定回数行います。
IMG_8236a.jpg
IMG_8240a.jpg

その上に、基礎外周部より指定量広く、シートを敷き詰めます。
IMG_8255a.jpg

そして、さらに砕石を敷き、転圧し、通常のべた基礎となります。
IMG_8258a.jpg
IMG_8266a.jpg

シートの両端は、コンクリートで押えます。
IMG_8277トリa.jpg

現在は、捨てコン、ベース配筋です。
IMG_8280a.jpg
IMG_8898トリa.jpg


建方もちょっと大変ですが、勉強しながらしっかり進めたいと思います。

岩倉の木の家 構造見学会 [ただいま普請中]

お施主様のご厚意により、構造見学会を開催します。

日時: 7月9日(土)、10日(日) 10:00~16:00

場所: 岩倉市

完成後には見えなくなってしまう、床下や天井裏、壁の中の構造をご覧いただけます。

お越し下さる方は、住所等をお知らせいたしますので、
HP(http://www.kanemasu-okazaki.com)より、メールまたはお電話にてご連絡ください。

IMG_7429トリ明圧.jpg


IMG_7417トリ圧.jpg

前の10件 | - ただいま普請中 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。